本文へ移動

スポット溶接電極再研磨

スポット電極(キャップチップ)再研磨(ドレッサーサービス)

スポット電極再研磨前後の比較
7割程度使用した電極
▲7割程度使用した電極
(通常は溶接品質維持のためこの状態が研磨時期です。)
さまざまな分野の製品製造過程で使われるスポット溶接。昨今の品質保証の問題よりスポット電極の交換サイクルは以前より短くなってきています。さらに環境の問題より材料への鉛等の混入が規制されるようになり、スポット溶接条件は厳しくなってきています。
 
そして避けて通れないのが電極の再研磨(ドレッサー)作業ですが、ドレッサー機を各溶接機に設置するとコスト面でも大きな負担が生じ、同じ品質でドレッサーする管理面での負荷も大きいです。
 
当社では様々な状態の電極を再使用可能な状態にする事業を行っております。
ドレッサー不良による溶接不良を最大限まで減少させることにより、定期剥離・破壊検査に対しての結果も良好で安定した生産が行うことが可能です。
 
専用ドレッサーでは出来ない対応力を備えておりますので、スポット電極再研磨に関してお困りのことがありましたら、ぜひお問い合わせ下さい。
※現在、φ16(5種類)、φ13(4種類)の再研磨を行っております。
これ以外のサイズ(外径)や種類に関しても対応可能です。
ぜひ一度お問い合わせ下さい。
(ただし、特殊な形状には対応できない場合がございます。一般的な偏芯形状には対応可能となりました。) 

納品事例

研磨前
研磨後
【I製作所様 電極チップ約300個 ありがとうございました。】
 
【お客様の声】
今でも社内では市販のハンドドレッサーを利用して再研磨しています。
しかし新品と全く同じ状態にはならず、作業者の熟練度で仕上りにバラつきがありました。
試しに御社で再研磨を依頼してみたところ、どれも新品時と同等になっていたので大変満足しています。
有限会社松原鉄工所
〒711-0936
岡山県倉敷市児島柳田町563-4
TEL.086-472-5567
FAX.086-473-7255

1.治具製作
2.機械部品加工
3.スポット電極再研磨
 
TOPへ戻る